スタッフブログ

【現場レポート】床断熱材と床合板の施工【注文住宅】

2021/06/26(土) 現場レポート

こんにちは。WAKOの安江です。

こちらは床断熱材の写真です。

床断熱材

土台と大引きで囲まれた枠の中に、灰色の床断熱材が敷きつめられています。

この断熱方法を床断熱工法といい、1階の床下全面に施工することで、床下の冷気や熱気を部屋へ伝わりにくくしてくれます。

また、土台との継ぎ目には気密テープを貼ることで、床合板を貼った後の床下からの気流を止めることができます。

 

次に、床合板の施工を行います。

床合板

躯体にそのまま構造用合板を固定する剛床工法で行っています。

1階の床合板には、28mmの構造用合板を使用しており、接着剤と釘でしっかりと土台に緊結させていきます。

 

最後に、養生シートとブルーシートを敷いて床組みの完成です。

養生

これにより、雨水の侵入を防ぎます。

 

この後は、いよいよ上棟となります!

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

記事一覧

1ページ (全10ページ中)

ページトップへ