固定金利と変動金利はどちらが良いのですか?

返済計画、実行時の金利、将来の金利などによるので、一概にどちらが良いとは言い切れないのですが、過去10年以上変動金利で金利優遇を受けた方が有利でした。
固定金利は長期にわたり金利が固定されるので返済計画が立てやすく、安心感がありますが、低金利が続く時は変動金利よりも高い金利で返済することになってしまいます。
フラット35などは35年間金利が変動しませんが、変動金利と比べると1%近く高い金利になります。
したがって、金利が高くても固定金利で長期間金利が変わらない安心感を求めるか、将来の金利の変化を認識したうえで金利の低い変動金利で借りるかとなります。
ご自身に合った借り方をご提案出来たらと思いますので、一度ご相談ください。

 

このページを見ている人はこちらもチェックしています。


■資金のこと

住宅ローンの事前審査ってなんですか?

住宅ローンにはどんな種類がありますか?

現在ローンを返済中ですが住宅ローンは借りられますか?

年収が高くないのですが、住宅ローンって、いくらまで借りられるのですか?

毎月の返済負担を軽減する方法はありますか?

新築する際、建物の建築費用以外にどんな費用がかかりますか?

建築費の支払い方法はどのようにすればよいのですか?

家づくりではどんな税金がかかってきますか?

固定資産税はいくらぐらいですか?

火災保険や地震保険はどうしたらいいですか?

フラット35とは何ですか?

つなぎ融資ってなんですか?

住宅ローン控除とは?

すまい給付金とは?

グリーン住宅ポイントとは?

 

資料請求はこちら

私たちの家づくり|よくあるご質問(土地・資金のこと)

ページトップへ