長期優良住宅仕様&制振金物で安心•安全な住まい

和光地所では、末永く快適に住んでいただくため、長期優良住宅仕様(耐震等級3)+制振装置を標準としております。
全棟において構造計算を実施し、より安全で安心な住まいをご提供いたします。

 

Point1

建物を面で支えるベタ基礎を採用

建物を面で支えるベタ基礎

全面に鉄筋を張ったベタ基礎には建物の荷重や地震の揺れを面で受け止め、分散する効果があります。また、床下全体にコンクリートを打設することでシロアリの侵入を防ぐ効果もあります。

 

Point2

国産ヒノキの無垢材を土台に採用

国産ヒノキの無垢材を採用した土台

建物を支える土台には国産ヒノキの無垢材を採用しています。ヒノキは成長が遅く年輪の幅が細かい為、腐朽に強く耐久性の高い木材です。また、ヒノキ材はシロアリ対策にも大変有効で、家を長持ちさせてくれます。

 

Point3

木造軸組工法で建てる

木造軸組工法

太い梁と柱で組むことで優れた耐久性の家を実現。長期にわたり安心してお住まいいただけます。また、木造軸組工法は、地震の揺れを上手に分散してバランスを取りながら、振動に耐える能力に長けています。

 

Point4

耐震等級3の性能をご提案

耐震等級3の性能

「耐震等級3」は、「住宅性能表示制度」における耐震性能の最高等級です。
極めて稀に(数百年に一回)発生する地震でも倒壊しない程度(建築基準法レベル)を「等級1」とし、等級1の1.5倍の力の地震でも倒壊しない程度が「耐震等級3」です。これは、消防署や警察署など防災拠点となる建物と同等の強さです。
WAKOは、「耐震等級3」を基準として構造計算を行い、大切な家族が安心して暮らせる家づくりを行います。

 

Point5

制震&耐震はアルミの時代へ

制震&耐震

ブレース本体は固いアルミ、ダンパー部は粘りのあるアルミで耐震と制震を実現。大地震の時にはダンパーが変形し、剛性を保持しながら地震エネルギーを吸収します。
新幹線にも使用されているアルミ合金は、繰り返す大きな地震にも性能を保持し続け、メンテナンスのできない壁内設置でも高い耐久性、耐候性で常に性能を発揮します。

 

Point6

高気密・高断熱を実現する断熱材を採用

断熱性に優れた高性能グラスウール

断熱性に優れた高性能グラスウールを採用しています。隙間なく施工されているか、一棟一棟弊社スタッフが目で確認し、厳重にチェックしています。
また、床の断熱材にはフルプレカットされた高品質な高性能ビーズ法ポリスチレンフォームを採用。高性能ビーズ法ポリスチレンフォームは断熱性が高く、冷気や熱を通しにくい素材のため、基礎からの冷えなど足元を温度差から守ります。
省エネ等級最高ランクを取得できます。

 

Point7

断熱性の高いLow-E複層ガラス+樹脂フレームを採用

断熱性の高いLow-E複層ガラス+樹脂フレーム

一年を通して最も熱の出入りの多い「窓」は夏は涼しく、冬は暖かく、心地よく快適に暮らす為に、高い断熱性能を誇る「樹脂フレーム」+「Low-E複層ガラス」を採用。
断熱性能の高い樹脂窓は外気の影響を受けにくく窓の表面温度の変化を小さくできるのでガラスやフレームに派生する結露を抑制し、カビ、ダニの発生を抑えた快適で健康な暮らしを実現してくれます。

 

Point8

熱交換型24時間換気システム

熱交換型24時間換気システム

住宅内の空気を計画的に換気する24時間換気システムは、給気と排気を同時に換気ファンで行う第1種換気を採用。(PM2.5にも対応)さらに熱交換型なので、換気を行なっても冬の冷たい空気や夏の暑い熱気がそのまま室内に入らず、室内の快適温度を保つことができます。

 

Point9

剛性床組工法を採用

剛性床組工法

構造用合板(1階28mm、2階24mm)の上に12mmの仕上げ材を設置する二層構造の床で、地震や台風などの災害に強い床となっています。
施工後は、一棟一棟床の水平や釘打ちの間隔を検査し、基準を満たしていることを確認した上で、次の工程に進んでいきます。

 

Point10

メンテナンスコストを抑えられる外壁の採用

耐久性の高いニチハのFu-ge

10年20年と長期にわたり太陽光や紫外線、雨、風、寒暖差から家族を守ってくれる外壁にはメンテナンスが必要になります。
種類や素材によって必要なメンテナンスの時期が異なりますが、和光地所では耐久性の高いニチハのFu-geを採用しております。
この外壁はセルフクリーニング機能が備わっており、雨水で汚れを落とし、高額になりがちなメンテナンス費用を抑え長期にわたって家族と家を守ってくれる外壁です。

 

Point11

長期優良住宅相当の家

長期優良住宅相当の家

ずっと安心、ずっと快適な暮らしを実現するために全棟において構造計算を実施し、長期優良住宅・耐震等級3相当(※)を標準としています。
近年発生すると言われている東南海トラフ大地震、東海大地震だけでなく、台風や他の自然災害からもご家族、財産を守る強い住まいを実現します。
※ご要望により認定の申請を行います。

 

 

高い断熱性能と高い耐震性を持つWAKO WALL

WAKO WALL (ワコーウォール)とは世界最高レベルの断熱性能フェノールフォームを使用した断熱材と耐力壁パネルが一体となった弊社オリジナルの建材です。

※ご要望により採用いただけます。

 

そんな「WAKO WALL(ワコーウォール)」には4つの特徴があります。

高い断熱性能と高い耐震性を持つWAKO WALL

 

プレウォール工法

 

1繰り返しの地震にも耐える高い耐震性

柱や梁(はり)といった軸組と床・壁のパネルが一体化することで外部からの荷重を面全体で分散して受け止め、高い耐震性を実現。

パネル工法の強度と在来軸組工法の自由度をあわせもったWAKO WALLが「家の強度」と「暮しの豊かさ」を実現します。

 

2高い断熱性能と気密性

グラスウールに比べて約2倍の断熱効果を持つ世界でも最高レベルの断熱材「フェノールフォーム」を採用した“夏涼しく冬暖かい”住まいです。

家全体を包み込むように施工するため、屋外の気温が伝わりにくく、室内の空気の漏れも防ぎます。暑い夏では、一度冷やした空気を外に逃さないので、必要以上にエアコンを使わなくて済み、寒い冬には抜群の暖房効果を発揮します。

一般住宅に比べて、WAKO WALLを使用した住宅では年間約7万円の光熱費を削減することができます。(WOOD LINK調べ)

 

3湿気や結露にも負けない高い耐久性

住まいの耐久性を損ない家の寿命を縮めるのは、壁の中に入り込んだ「湿気」とそれが冷やされてできる「結露」です。WAKO WALLは、壁(断熱材)の中で結露させない設計がなされており、壁内部が常に乾燥している状態を保ちます。

 

4現場作業にはない高品質

公的機関が認めた工場で生産しているWAKO WALL。一貫した専用ラインでプレカット加工とパネル生産を短期間で高精度に仕上げ、確かな品質の製品を安定的に供給します。

 

WAKO WALL お客様の声

 

WAKO WALLを採用したお客様の声

WAKO WALLと遮熱シート、良かった!涼しいし、効くんだなって思いました。(知立市O様)

住んでからでないとその効果はわからなかったけど、採用して良かったです!暑い夏に帰ってきてもそこまで室内は暑く感じません。(豊田市H様)

 

ページトップへ