スキップフロアー コーニス照明 ガラスブロック ベランダの屋根と長い庇・袖壁 (岡崎市 I様邸住宅)

現 場 岡崎市
お客様 I様邸 新築住宅
設計士 石川 智之

傾斜地を利用したスキップフロアを採用しました。
リビングまわりのフロアレベルを1m上げ、変化に富んだ内部空間に仕上がりました。

リビングにはコーニス照明(間接照明)を採用。
その他、照明と共に調光が可能なので、
様々なシーンに対応したあかりが得られます。

また、一面のクロスに主張しすぎない淡い色を入れアクセントに。

お部屋全体の奥行き感がより鮮明になり、
空間の広がりを感じて頂けます。

キッチン・ダイニングはスキップフロアの特性を生かし天井高を確保。
個室のような安心感を保ちながらも開放感、またリビングとのつながりを感じて頂けます。

1m上がったリビングは、フロアの色にも変化を持たせ、落ち着いた雰囲気になりました。
タタミスペースともつながり、間仕切りの建具をすべて開けるとどこにいても目線が通り、大空間が広がります。

タタミスペースは、個室の用途でも利用して頂けるよう、
間仕切り戸を設けました。
キッチンやダイニングに光を届ける大きなランマはガラスの位置を奥にずらすことで
ちょっとした飾り棚としても使用できます。  

階段に面する壁にはほんのり光を通すガラスブロックを埋め込み、お部屋の片隅のさりげないアクセントになりました。
フロアが3層になっていますので、階段室の天井も高く、照明もシンプルなブラケットにすることで、より立体的にみえます。

上階の南側のお部屋には上部にランマを設け、
暗くなりがちな
廊下まわりにほんのり光を落とします。

複数のお部屋から利用できるベランダには
屋根と長い庇、両側には隣地や歩行者からの
視線を遮る袖壁を設けました。