お役立ち情報 税制優遇・補助金の記事一覧

住宅ローン控除制度は、住宅ローンを利用し住宅を新築・購入をした人や増改築をした人に適用されます。
一般住宅の場合は、控除対象限度額(年末残高)が4,000万円以下の部分について10年間にわたり、年末ローン残高×控除率(1%)の額が所得税より控除されます。所得税から引ききれない場合は、翌年度分の住民税からも一部控除されます。 (上限年間136,500円)

※上記図の非課税限度額は消費税率8%が適用される方のものです。
一定の年収要件等を満たす住宅取得者に対して、最大30万円を給付する「すまい給付金」が実施されています。